手放せない人材になるために必要なビジネス教育とは?

>

人脈を築くコミュニケーションスキル

人と人のつながりコミュニケーションスキル

チームで仕事をするときにムードメーカーになる人がいます。
その人がやっているのは話し上手に聞き上手なことです。
場の空気を読んでお互いの意見をうまく引き出せるような環境で取り組むのが理想でもあります。
とくに若い人たちに心がけてほしいのが相手の話を意識して最後まで聞くことです。
話の内容を先読みして適当に相づちを打ったり、その場を流してしまうようでは大事な話を聞き逃して作業が遅れたり取引先などに迷惑をかけることになるかもしれません。
チームの作業効率を上げるためにも仲間とのやり取りは大切、お互いの信頼関係が成り立っていないと意思疎通は難しいのです。
相手との距離を縮めようとするとき、はじめに声を掛け合うと思います。
話をしていく中で相手のペースに合わせると意見が引き出しやすく交渉もスムーズになると言われています。
経験を積みながらコミュニケーションスキルを身に付けましょう。

あなたも「常識人」情報収集スキル

人脈が広い人と話をしていると専門分野以外の情報をよく知っていて、話に飽きることがありません。
政治、経済、時事もの最近のトレンドまで話が展開していきます。
情報を集めるには手軽なのがスマホで読めるネットニュースですが、新聞や雑誌、テレビなどいろんな方法があります。
同じ内容でも媒体によって伝え方が違うので、一つの価値観にとらわれないことです。
手元に情報があるとその中から新しいアイデアが生まれるかもしれません。
仕事関連の情報にはとくにアンテナを広げておきましょう。
世間を騒がせ人を惹きつける話題は社会人として知っていて当然という見方をされています。
マナーを知らないと非常識だと言われるように、情報収集スキルのある「常識人」の評価は高いようです。
人とつながることで得られる情報もあります。
話をしていくうちに新しいビジネスの話や、さらに人脈が広がるきっかけになるのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ